【厚遇】ANA厚生年金保険料3割負担にびっくり。

こつお@です。

Go To トラベルを使って予約した沖縄旅行ですが、航空会社はANAを使います。

【血税】税金が原資のGo Toトラベル予算追加配分

節約を考えて、LCC(格安航空会社)も検討したのですが、Go To トラベルを使うなら、ホテルとANAがセットになったツアーを予約したほうが安上がりだということが分かりました。

そのANAですが、国際線の需要が戻らないことで、厳しい経営状態に陥っており、賃金カットや希望退職などの話が、最近よくニュースになっています。

今朝のニュースで驚いたのが、一般職の賃金5%カットに加えて、厚生年金保険料の従業員負担分について、従来の3割から5割に引き上げる案が、労働組合に提案されたと書かれていました。

厚生年金保険料は、普通は、労使折半で、従業員負担分は5割が通常だと思うので、ANAでは、今まで2割分を会社が支払っていてくれていたことになります。

年収が上がれば上がるほど、厚生年金保険料の負担額は大きくなり、給料から源泉徴収されていく額は膨大になっていくので、この2割を会社が負担してくれていたというのは、ものすごい厚遇だと思いました。

今回の旅行でANAを使うことで、少しでも貢献できればと思いましたが、従業員負担分は5割が普通なので、まだまだ余裕があるのかなと思ってしまいました。

いずれにしても、LCCを使うよりもANAのほうが、空の旅が快適になることは間違いないので、サービスの素晴らしいANAで今回の旅行を楽しみたいと思います。

それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました