【投資成績】分散投資の効果を実感(前週比-53円)

こつお@です。

今日の東京都の新型コロナウィルスの感染者が60人となりました。

感染者の状況は、感染が拡大する前の、3月中旬頃と近くなってきました。

3月のときは、感染者急増とともに株価が急落したので、今回も同じようになるか注目です。

もし、株価急落が起きたら、2番底を確実に拾えるよう、しっかりと準備しておきたいと思います。

さて、先週のIPOの結果ですが、今回も全滅となりました。

後期型IPOで、残されていた楽天証券のエブレンも落選、グッドパッチも、大和証券(主幹事)と、SBI証券(副幹事)ともに落選となりました。

これでSBI証券のIPOチャレンジポイントは、398 pとなり、このあとのBranding EngineerとSpeeeに共に落選すれば、大台の400 pとなります。

SBI証券 野村証券大和証券マネックス証券楽天証券
エブレン落選落選N/A落選落選
グッドパッチ落選N/A落選N/AN/A

一方、保有している株式・投資信託のほうは、前週の評価損益+21,408円からとほぼ同じ、前週比-53円の+21,355円となりました。

ダウの大幅な下落によって、投資信託の価値は下落しましたが、楽天の株価がなぜか好調で、投資信託の下落分を補ってくれる形になりました。

個人的には、分散投資について、懐疑的な部分もあったのですが、このように実際に効果が見えると、分散投資の重要性を実感することができました。

それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました