【投資状況】SBI証券から-200万円以上の特定口座年間取引報告書が届いた。(外貨MMFで損失確定?)

こつお@です。

バイデン新政権が無事誕生、今週も株価は堅調に推移しており、私の保有銘柄も楽天以外は概ね順調に推移しています。

そして、今週、SBI証券から、令和2年分の特定口座年間取引報告書が届きました。

中身を見て驚いたのは、報告書の中身は、1億円以上取引して、200万円以上損失がでたことになっています。

これだけの金額に相当するのは、SBI証券にドルで保有している外貨MMFしないので、確かに思い出してみると、昨年、2度、ドル建ての外貨MMFを売却して、ドル建ての外貨MMFを購入しなおしています。

SPYDは残念ながら約定せず。そして、失敗の連続。。

【外貨MMF】ニッコウ・0.109% ⇒ ノムラ・0.155%

どうやら、外貨MMFの場合、手持ちのドルを売却し、同額をドルで受け取ったとしても、円ベースで譲渡損益が算出され、損失が確定するようです。

そのため、確定申告すれば、昨年、外貨MMFで得られた分配金や、ソフトバンク・楽天で得られた配当金で源泉徴収された税金を取り戻せるのではないかと思っています。

そして、この損失は、最大3年間、繰越控除が可能になります。

昨年は、分配金や配当金以外でも、100万円以上、外貨預金の利息を得ましたが、残念ながら外貨預金の利息は、損益通算できないようです。

106,079.64 US$(金利2.3%)が明日満期を迎えます。

560,438.23 US$が今月末で満期になります。

今回、外貨MMFの思わぬメリット?に気づきましたが、それに比べると、外貨預金はデメリットしかないことが分かってきたので、今後外貨預金だけは利用しないようにしたいと思います。

分配金と配当金の源泉徴収分だけだと、取り戻せる税金は、おそらく数万円だと思いますが、確定申告にトライしてみようかなと思っています。

それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました