【dポイント】dヘルスケアは稼げる良アプリなのでもっと前から利用するべきだった。

こつお@です。

今まで、歩くだけでポイントを稼げるアプリとして、楽天ポイントを稼げる楽天シニアと、Tポイントを稼げるaruku&(あるくと)を使っていました。

【ポイ活】楽天シニアとaruku&(あるくと)で稼ぐ。

去年の夏ごろから、ポイ活特集の番組を見て、Coke ONも使い始めましたが、一度無料ドリンクチケットを手に入れてからは、最近は全然スタンプを全然貯められていません。

【Coke ON】マツコの知らない世界で参考になったポイ活サービス

一方、先月から新たに貯め始めたばかりのdポイントを稼げるdヘルスケアが、今まで私が使っていた歩数アプリよりも、良アプリであること気づきました。

dヘルスケア 毎日の歩数がdポイントに!!
ドコモのページから引用

コロナ禍の前、毎日10,000歩以上歩いていましたが、aruku&(あるくと)で稼げるTポイントは、最大でも月10ポイントが限界でした。

しかし、テレワーク中心の生活になってからは、毎日の歩数は多くても4,000ポイントにまで大幅減少してしまいました。

それに伴い、aruku&(あるくと)で稼げるTポイントは、多くても月4ポイント、少ないときは2ポイントにまで減ってしまいました。

一方、dヘルスケアは、一昨日使い始めたばかりですが、毎日体重を記録するなど、ポイントが貯まるミッションが充実しています。

そのため、歩数は以前と変わっていないのにも関わらず、僅か数日利用しただけで、すでに累計獲得ポイントが12ポイントに達しています。

また、dポイントは、昨日の紹介したd払いクーポンとも組み合わせて使えるので、少額のdポイントをもっているだけでも、結構使い道があります

【d払いクーポン200円分】業務スーパーで朝の輝きを買う代わりにコンビニで食パン調達

docomoユーザーではなかったので、これまで敢えてdポイントは貯めないようにしてきたのですが、もっと早くからdポイントを貯めておけば良かったと後悔しています。

今朝のお金の大学、両学長の動画での話題にもなっていましたが、楽天モバイルの損失回収のために、楽天サービスの改悪が今後も続く可能性はかなり高くなりそうです。

ポイ活も、楽天だけにこだわらず、今後は多角化していったほうが正解と言えそうです。

第55回 【裏では改悪だらけ】楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」と、「楽天経済圏の改悪7選」について解説【社会・トレンド】

それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました