【IPO】AI関連銘柄ヘッドウォータースの行く末

こつお@です。

3日連続で、SBI証券からIPO抽選の申し込みを行いました。

今日のヘッドウォータースは、AI関連なので初値上昇がほぼ間違いない銘柄です。

SBI証券以外でも、主幹事のみずほ証券、および楽天証券・マネックス証券からも申し込みを行う予定です。

AI関連銘柄というと絶好調というイメージがありますが、HEROZのように、公開価格(4,500円)の約10.9倍となる49.000円をつけた後、現在の株価は3,000円台と、公開価格を下回ってしまっているような銘柄もあります。

一方で、昨年末に上場したAI Insideのは、公開価格(3600円)に対して、初値12,600円をつけ、現在の株価は初値よりも遥かに高い、40,000円以上をつけている銘柄もあります。

ネーミングバリューに騙されることなく、本質的な本業がいかにしっかりとしているかどうかによって、このような差がうまれてくるのだと思います。

IPOを初値で売らないことも選択肢として考えるのであれば、しっかりと事業内容を見て、投資対象に値するのかどうか、しっかりと判断する姿勢が必要になってくる思います。

今回のヘッドウォータースは、HEROZのようになるのか、それともAI Insideのようになるのか、興味深いところですが、AI関連というだけで、事業の中身は全く見ていないのでよく分かりません。

万が一、IPO抽選に当選した場合にのみ、初値で売るか売らないのか考えるために、真剣に事業内容を見てみようかなと思っています。

それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました