【IPO抽選申込忘れ】GMOファイナンシャルゲート

こつお@です

SBI証券が幹事となっていない珍しいIPO、GMOファイナンシャルゲートに主幹事である大和証券から100株、申し込みを行いました。

しかし、GMOクリック証券から、ブックビルディング申込をするのを忘れていました。

過去のGMOグループの上場時は、GMOクリック証券にかなりの枚数が委託配分され、ネット注文への配分が100%なので、主幹事に申し込むよりも何倍も当選しやすかったようです。

GMOクリック証券は、昔、大損したFXの取引でお世話になっていたので、口座自体はもっていたので、非常にもったいないことをしました。

FXで2,000円以上損失を出した過去の苦い思い出をまとめてみた。
こつお@です。原油相場の大幅な下落で、昔、FXで2,000円以上の損失を出したときの記憶が蘇ったので、過去の苦...

今回のことを教訓に、次回、GMOグループが上場するときは、主幹事でなくても、GMOクリック証券からIPO抽選に参加するのを忘れようにしたいと思います。

ところで、SBI証券や楽天証券が、GMOグループ上場時に幹事となっていないのは、お互いがライバル関係(?)だからなのでしょうか。

GMOあおぞら銀行は、普通預金の金利0.2%や、米ドルの為替手数料2銭など、一部、住信SBIネット銀行や楽天銀行よりも良いサービスも提供しています。

SBI証券のIPOチャレンジポイントや、楽天銀行のハッピープログラムのように、GMOあおぞら銀行・GMOクリック証券にも、独自の魅力的なサービスが出てくれば、将来はメインバンクを乗り換えてもいいかなと思い始めています。

乗り換えをしなくていいように、住信SBIネット銀行や楽天銀行が、GMOあおぞら銀行に負けないように、現行サービスをさらに改善してくれると、なおいいのですが。

それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました