【PO/IPO】ソフトバンク売出価格決定!とタスキ

こつお@です。

NVIDIAがArmをソフトバンクグループから4.2兆円超で買収という報道で、今日のソフトバンクグループの株価が大幅高となりました。

一方、子会社のソフトバクの株価は、年初来安値を更新して、1,242円まで下落しました。

この株価の下落は、POの影響はもちろん、新しい自民党新総裁に決まった菅さんが通信料値下げに積極的なことも多少影響があるのかもしれません。

そして、SBI証券からのソフトバンクPOのブックビル期間は、最短で今日の11時までとなっていましたが、ブログの記事を書いている時点では、まだ申込可能となっていました。

このまま、今日は公開価格が決まらないのかと思っていたら、ソフトバンクPOのディスカウント率は3.02%で、売出価格が1,204.5円に決定したという情報を見つけました。

気になるのは、明日以降も株価が下落が恵贈して、この売出価格を下回ることはあるのでしょうか。

もしそうなったら、POで購入する意味が全くなくなってしまうような気もします。

今ならまだSBI証券の申込取消ボタンを押せる!と思っていたのですが、18:00を過ぎて、いつのまにか公開価格が表示され、抽選中に切り替わっていました。

私の投資目的の一つは、資産からキャッシュフローを生み出すことなので、今回のソフトバンクPOから撤退することは今のところ考えていません。

しかし、購入意思表示の期限は、明日9/15の16:00までとなっているので、明日のソフトバンクの株価の動きを見て、もう一度、最終検討はしたいと思っています。

また、今日は、SBI証券が主幹事のタスキという会社のIPO抽選申込も始まっていたので、申し込みを行いました。

ソフトバンクのPOに抽選し、資金拘束されることになったら、IPOの抽選に使える資金はさらに減少してしまいますが、致し方ないかなと思っています。

それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました