目が覚めたら原油価格が紙くず以下(-37.63ドル)になっていた。

こつお@です。

昨日、横目でWTI原油先物のリアルタイムチャートを眺めながら仕事をしていました。

先週20ドル台だった価格が、日中に、15ドル前後まで落ちてきて、そろそろ買い時かなと思い、どうしたら原油取引ができるのか気になり始めて、仕事の合間に調べていました。

しかし、夜になると、さらに値崩れを起こしていて、10ドル付近まで下がっていることに気づき、さすがにこの辺りが底かなと思いつつ寝床につきました。

ところが、朝起きて、すぐに2チャンネルのニュース速報+ナビをチェックしてみると、「WTI原油先物、-37.63ドルで取引終了、史上初のマイナス」という見出しが目に飛び込んできて、一瞬で目が覚めました。

そもそも、今の自分の保有している証券口座で、原油取引ができるかどうかすら分かっていないのですが、もし安易に飛びついていたら、破滅への道をまっしぐらでした。

昔、FX2,000万円以上溶かした経験があり、そのときの苦い記憶が蘇ります。

今回、原油先物が史上初のマイナスとなり、今後も、このようなこれまでの常識が通用しない出来事が、次々と起こりそうな予感がします。

ピンチは大きなチャンスでもあるので、うまくビッグウェーブに乗れれればすごいのですが、世の中そう簡単にはいきません。

それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました