現金10万円支給はセミリタイアの軍資金にする。

こつお@です。

昨日、急転直下で現金給付の方針が変わり、国民1人あたり10万円が支給されることになりそうですね。

今の仕組みでは、何か支給の条件を付けると、公平な支給が極めて困難であることは容易に想像できるため、一律支給にするのはやむを得ないような気はします。

しかし、結局、今回の現金支給に必要な巨額な財源(12兆円超)は、最終的には今後税金によって国民一人一人が負担を強いられることになるので、素直に喜べるようなものではないと思っています。

麻生さんは、手を挙げた人だけに10万円支給すると言ってるようですが、いずれ税金で搾り取られるぐらいなら、私は当然手を挙げて家族3人分、30万円もらいます。

そして、支給された30万円は、セミリタイア実現のための軍資金にする予定です。

日本は、少子化問題が解決されない限り、現役世帯の負担は上がり続け、老後の社会保障は縮小され続けていくことは、だれの目にも明らかです。

よって、政府に頼るのではなく、今から老後を見据えて、しっかりと資産を構築し、自分で稼げる力を身に着けておくことが極めて重要なのだと思います。

それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました