106,079.64 US$(金利2.3%)が明日満期を迎えます。

こつお@です。

明日、106,079.64 US$預けた1年もの外貨預金(利息2.3%)が満期を迎えます。

5日後の今月29日に、454,358.59 US$預けた同じく1年もの外貨預金(利息2.3%)も満期となります。

560,438.23 US$が今月末で満期になります。
こつお@です。セミリタイア実現するために必要な副業収入の柱として考えているのは、利息・配当金・分配金など、投資...

106,079.64 US$の利息2.3%に、所得税15.315% (復興特別所得税込) と住民税5%がかかるため、利子所得 として497 US$が源泉徴収されます。

従って、手取りは1,949.51 US$日本円で約21万円(1ドル108円換算)となりそうです。

しかし、去年の同時期よりも、3~4円ほど円高になっているので、日本円でみたら、実質的にはマイナスです。

ところで、復興特別所得税は、2037年までかかるんですね。

あと17年、もしサラリーマンを続けたら、いったい総額いくら、復興税として税金を納めることになるのでしょうか。

さらに、今回のコロナの影響で、近い将来、間違いなく、コロナ復興特別所得税のような新たな税金も課されることになるのだと思います。

国の借金は増え続けているのに、アベノマスクを配るのに、466億円もの税金を投入する官僚や政治家の思考回路は、やはり理解不能です。

毎日郵便ポストを開けるたびに、アベノマスクのことが気になっていたのですが、不良品が見つかって、未配布分は回収されることになったみたいですね。

いったいいつ手元にアベノマスクは届くのでしょうか。

もはや、国や政治家のずさんな仕事ぶりには開いた口がふさがりません。

それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました